交通事故_示談交渉 成功の道

弁護士特約について

最近の自動車保険には、「弁護士費用特約」というものがついています。

被害者側の自動車の任意保険に弁護士特約が付いている場合は弁護士・司法書士・行政書士などの費用を負担してくれる特約になります。(必ずしも弁護士でなければならないというわけではありません。)
詳細は保険会社によって異なりますが、多いのは「1回の対象事故につき、被保険者1名あたり300万円」 と規定しているケースが大半です。

この特約の対象となる事故は下記のとおりです。

  1. 信号待ちで停車中に追突された。
  2. センターラインをオーバーしてきた対向車に正面衝突された。
  3. 青信号の交差点に進入時、信号無視の車に衝突された。
  4. その他、自転車乗車や歩行中の被害事故全般。

その他、対象となる事故かについては、保険担当者または専門家にお尋ねください。

また、補償される金額としては、

  1. 弁護士・司法書士・行政書士に対する相談料 … 10万円まで
  2. 弁護士・司法書士・行政書士に対する報酬 … 300万円まで

こういった補償もありますが、体に後遺症が残るような大きい事故に関しては、例え特約が無くても、弁護士などの専門家に相談し、示談交渉を頼んだ方が総合的にはメリットが出ます。

  • 事故発生から解決までの流れ
  • 弁護士への依頼による慰謝料UP
  • 自賠責保険と任意保険
  • 弁護士特約について
  • 損害賠償の請求
  • 後遺症が残った場合
  • お問い合わせ
  • 示談交渉のお問い合わせ
  • 後遺障害等級のお問い合わせ

交通事故入門-基礎知識編-

あなたを待ち受けるトラブル対策

  • 事務所概要
  • 銀座ウィザード法律事務所
  • アクセス
  • 費用・料金
  • 用語集