交通事故_示談交渉 成功の道

後遺障害慰謝料の自賠責基準と裁判基準の差額

後遺障害の慰謝料に関する補償額には保険会社が基準にしているものと弁護士が基準にしているものが実は存在しています。
この、後遺障害慰謝料は保険会社が基準にしている自賠責基準と弁護士が基準にしている裁判基準で損害賠償額に大きな差が出ます。図を参照してください。

  自賠責基準 裁判基準
1級 11,000,000 28,000,000
2級 9,580,000 23,700,000
3級 8,290,000 19,900,000
4級 7,120,000 16,700,000
5級 5,990,000 14,000,000
6級 4,980,000 11,800,000
7級 4,090,000 10,000,000
8級 3,240,000 8,300,000
9級 2,450,000 6,900,000
10級 1,870,000 5,500,000
11級 1,350,000 4,200,000
12級 930,000 2,900,000
13級 570,000 1,800,000
14級 320,000 1,100,000

自動車損害賠償保障法に基づく支払基準により定められたものは、「最低限の補償」のため、弁護士が考える妥当な基準との差額があると考えていただいていいかと思います。

  • 事故発生から解決までの流れ
  • 弁護士への依頼による慰謝料UP
  • 自賠責保険と任意保険
  • 弁護士特約について
  • 損害賠償の請求
  • 後遺症が残った場合
  • お問い合わせ
  • 示談交渉のお問い合わせ
  • 後遺障害等級のお問い合わせ

交通事故入門-基礎知識編-

あなたを待ち受けるトラブル対策

  • 事務所概要
  • 銀座ウィザード法律事務所
  • アクセス
  • 費用・料金
  • 用語集