交通事故_示談交渉 成功の道

事故発生後遺症が残った場合

(1)後遺障害等級とは

後遺障害とは体に障害が残ってしまったことであり、これ以上、治療を継続しても症状の改善が望めない状態の事を差します。後遺障害等級はその状態によって1級から14級まで等級が分類されています。

(2)等級の決定

医師の診断書をもとに、後遺障害の等級を決定します(後遺障害等級と呼びます)。後遺症の認定時とは、症状が固定し、医師が診断書に後遺障害の症状があると記載した時点で申請することができます。等級が認定されると、それに応じた補償を相手方の保険会社に請求できます。

(3)後遺障害等級による損害賠償請求

後遺障害が認定されますと、(A)後遺障害遺失利益 (B)後遺障害慰謝料 の2項目が請求できる損害賠償に追加されます。

(A)後遺障害遺失利益
後遺障害によって将来得られたはずの利益を計算し、その利益を損害として請求することになります。
自賠責基準と弁護士基準では逸失利益の計算の時に使用する基準が違うため、弁護士に依頼することによって、損害賠償の請求額が上がる可能性もあります。

(B)後遺障害慰謝料
後遺障害が残ってしまったことによる精神的な損害です。
自賠責基準と弁護士基準では大きく損害賠償の請求額が違うため、請求額が上がる可能性があります。

  • 事故発生から解決までの流れ
  • 弁護士への依頼による慰謝料UP
  • 自賠責保険と任意保険
  • 弁護士特約について
  • 損害賠償の請求
  • 後遺症が残った場合
  • お問い合わせ
  • 示談交渉のお問い合わせ
  • 後遺障害等級のお問い合わせ

交通事故入門-基礎知識編-

あなたを待ち受けるトラブル対策

  • 事務所概要
  • 銀座ウィザード法律事務所
  • アクセス
  • 費用・料金
  • 用語集