交通事故_示談交渉 成功の道

請求できる損害賠償

  • 人身事故の場合
  • 死亡事故の場合

人身事故の場合

主な請求することができる項目は次の通りです。(後遺障害があり等級認定が取れる場合)

  1. ①治療費
  2. 医療機関に支払った、必要かつ相当な実費は損害として
    認められ請求することができます。
  1. ②付添看護費
  2. 入院につき付き添い看護が必要と認められれば、
    入院付添費や通院付添費が損害と認められ請求することができます。
  1. ③入院雑費
  2. 入院中に余儀なく支出される費用も損害として認められ請求することができます。
  1. ④通院交通費
  2. 原則として、実際に支出した費用が損害と認められ請求することができます。
  1. ⑤休業損害
  2. 被害者が事故による負傷により、休業あるいは稼働できなかったことによって
    失われた収入が休業損害にあたり、請求をすることができます。
  1. ⑥入通院慰謝料
  2. 被害者が事故によって負傷したことによる精神的な損害として、
    慰謝料が認められます。
  1. ⑦後遺障害慰謝料
  2. 後遺障害とは事故によって体に障害が残ってしまい、
    治療を継続しても症状の改善が望めない状態の事を差します。
    事故によって精神的な損害として、慰謝料が認められ、請求することができます。
  1. ⑧後遺障害による逸失利益
  2. 後遺障害とは⑦に述べたように事故によって体に障害が残ってしまい、
    治療を継続しても症状の改善が望めない状態の事を差します。
    障害によって損失した、得られたはずである利益を損害として、認められ請求することができます。

死亡事故の場合

主な請求することができる項目は次の通りです。

  1. ①治療関係費
  2. 事故後から死亡に至るまでの治療費などは医療機関に支払った、
    必要かつ相当な実費は損害として認められ請求することができます。
  1. ②葬儀関係費
  2. 自賠責保険では原則60万円が認められるが、
    立証資料(領収書など)で実際にそれ以上かかった場合を証明できるようならば、
    100万円までは認められ請求することができます。
  1. ③死亡慰謝料
  2. 交通事故の死亡による、遺族の精神的な損害として、
    慰謝料が認められ、請求することができます。
  1. ④死亡による逸失利益
  2. 被害者が死亡したことによって失った、
    将来に得られたはずであった利益を計算し、請求することができます。
  • お問い合わせ
  • 示談交渉のお問い合わせ
  • 後遺障害等級のお問い合わせ

交通事故入門-基礎知識編-

あなたを待ち受けるトラブル対策

  • 事務所概要
  • 銀座ウィザード法律事務所
  • アクセス
  • 費用・料金
  • 用語集